口は災いの元~第31回たてばやし駅伝大会~

b0312516_22071211.jpg
学生のときは走ることが大好きだった。小学生の時は運動会ではリレーの選手だった。小学6年の時の校内マラソン大会も3位だった。中学生の時はバスケ部で速攻が得意だった。だから、大人になってもきっと、基礎体力が残っていると思っていた。

職場の人たちが毎年駅伝に出ていると話していた。私には関係のないことだと思って話を聞いていた。わざわざ寒い時期に走るなんて馬鹿だなー思っていたし。 ある日、職場で仲よくしてもらってるミドリさんに駅伝の補欠でいいから登録しないかと言われた。どうやら駅伝は5人で走るらしい。前に調子こいて足が速かったなんて話したからだろうか。 絶対補欠でも登録なんてしたくなかった。しかし、ミドリさんに熱心に説得されてまあ補欠だったら登録してもいいですよと安請け合いをしてしまった。

とりあえず、物は試しでダイエットがてら走ってみようと思った。走り出して300mで脇腹が痛くなった。全然走れなくなっていた。「ウソだろー、こんなに走れなくなっていたのか・・・。」と落ち込んだ。でも、補欠に登録したからにはせめて4kmを走れるように練習をしようと思った。だって、走れなかったらかっこ悪いもんね。

10月下旬、練習開始1週目は自宅にあるルームランナーを使って練習した。10分走っただけで、汗はダラダラだし、なにより気持ち悪くて吐きそうだった。10分走ったら5分休憩して30分毎日走った。毎日筋肉痛だった。学生の頃足が速かったなんて言った自分を呪った。Youtubeで音楽流しながら走ったけど、必死すぎて何も聞こえなかった。

練習開始2週目は、自宅の近くの公園を走った。ルームランナーと違って自分で足を動かさないと前に進まないことに驚いた。「やばい、走れないもしれない。」焦った。とりあえず2kmくらいを毎日1週間走った。半べそかきながら走った。もうやだ、やめたいと毎日思った。

練習開始3週目は、3kmを目安に毎日走った。毎日黄色の派手な反射板を身に着けて走った。ナンパどころか変質者も逃げ出しそうな派手な反射板だ。恥ずかしかった。 なんとなく最初の頃よりは走れるようになったが、3kmは続けて走ることはできなかった。

練習開始4週目は、駅伝で実際に走る距離4kmを目安に走った。2km走ると脇腹が痛くて500m歩いてからまた走り出した。毎日寒くて本当にやめたかった。

練習開始5週目には、30分くらいで4km走ることができた。うれしくて、ミドリさんに走れたことを伝えたら辛辣なアドバイス(鞭)をいただけて、本気で心が折れそうになった。ってか心がポキッーって折れたね。 叱られるとコンチクショウと思う私の性格を見抜いてかのアドバイスだったのか・・・。30分後には復活してミドリさんにおだてられて(飴)また走る気になった。

駅伝前にはみんなとおそろいの派手なピンクの迷彩柄のTシャツを楽天で買った。その前にABEスポーツでシューズ、ウェアなども買って結構な金額がかかったね。ただ、走るだけなのにずいぶんとお金がかかるスポーツだ。

12月8日館林駅伝当日、本当に補欠登録した自分を呪ったね。登録メンバーのTさんが風邪で本気で走らないとわかり、私が選手で走ることになった。待ち合わせのコンビニで倒れてしまいたかった。絶対走れない、無理!無理だ。補欠に登録した日に戻って自分を殴ってやりたいと思った。迎えの車の中ではひたすら音楽を聴いてテンションをあげた。テンションあげなかったら、車の窓からこの身を投げ出してしまいそうだったから。気さくにミドリさんが話しかけてくれていたけど、右から左へ受け流していたね。

城沼陸上競技場についたら、なんとなくどうでもよくなってきて笑えてきた。駐車場から会場に行くまでの間にみんなと話していたら楽しくなってきた。今日のこの時間を楽しもう!なるようにしかならんと思った。そして、絶対タスキをつなげようと思った。

第1走のNさんとは初対面だったけど、なんとなくいい人だと思った。人見知りしないで話すことができた。なんやかんやで足の速い人でした。

第2走のつのさんは、砂埃にやられて辛そうだった。アレルギーもちにはほこりと砂まみれの野外はつらい環境だよね。ヘロヘロになって戻ってきたつのさんからタスキを受け取った。

第3走は私。出だし調子こいて早めに走っていたら川沿いに出た途端にペースダウン。砂埃で喉は痛いし、呼吸は苦しいし、緊張でいまいち地に足がつかない走りだし、なにより走ることを止めたかった。なんで駅伝なんて出てるんだろう・・・、安請け合いなんて今後は絶対しないぞ・・・、口は災いの元・・・。グルグルこんなことを考えながら走っていた。沿道の人が「頑張れ!」って言ってくれたけど、「頑張ってるわ!バーカ。」と心の中で悪態ついていたよね。でも、走るのを止めなかったのは、駅伝だからタスキをつなげたい思いと1か月練習してついた自信があったおかげだったのかな。職場の人の応援と、ゴール手前で応援してくれたミドリさんの声援に応えるためにひたすらゴールを目指して走った。

第4走のSさんにタスキを渡して、ゴールで待っていてくれたミドリさんに保護されて荷物置き場に戻った。喉がイガイガで、血の味がした。ひさびさの充実感。走り切れたことに素直に喜びを感じた。Sさんはフラフラになりながらゴールに戻ってきた。

第5走のミドリさんがタスキを受け取って走りだした。チームで最年長ながら軽やかな走りだ。職場でみる姿とは別人のように色んな意味で輝いていた。川沿いにでて声援を送る。 この1か月間、ミドリさんに励まされて、騙されて走ってきたことを思い出すと声援にも力が入るものだ。

そんなこんなでミドリさんもゴールした。みんなで喜びを分かち合う。 本当にうれしくて、楽しくて今回駅伝に出てよかったと思った。
打ち上げは館林の「川魚 やまだ」にてみんなでうなぎで乾杯だ。
でも私、ウナギ苦手なんだよな・・・。

ミドリさん御馳走様でした。

個人タイム 24分30秒
[PR]
by ashikoma | 2014-01-20 23:33 | ランニング


温泉が大スキです。ひょんなことではじめたランニング。できるだけガンバルぞ。


by ashikoma

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
食べ物
温泉
ランニング
未分類

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

フォロー中のブログ

上州東毛 無軌道庵
撮って、食べて、走って...。

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

第40回太田市新田新春健康マ..
at 2015-01-11 17:09
第32回たてばやし駅伝
at 2014-12-14 18:25
2014上州太田 スバルマラソン
at 2014-10-26 17:11
34th鹿沼さつきマラソン大..
at 2014-05-11 20:11
花粉症に負けるな!-万座プリ..
at 2014-03-24 00:06

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧